妊娠の症状など、妊娠の基礎情報

妊娠感動体験続出!妊活アドバイス本もれなくプレゼント【サンシュユ真液LX】

妊娠しやすい時期

★排卵日がもっとも妊娠しやすい

 

妊娠しやすい時期は、排卵日をはさんだ前後の5日間の時期です。
卵子の寿命は約24時間、精子の寿命は48〜72時間です。この間に受精しなくてはなりません。妊娠の可能性のある時期は、排卵日の2日後までの5日間になります。
中には5日間ぐらい生きる精子もいますし、卵子が36時間生きる場合もありますから、これ以外妊娠の可能性が、ゼロと言うわけではありません。あくまでも、妊娠しやすい時期の目安と考えてください。

 

では、この5日間なら良いのかと言えば、そういうわけではありません。この中で、もっとも妊娠する確率の高い日は、もちろん排卵日です。

 

 

★排卵日を知るためには

 

自然妊娠をめざす場合、妊娠のタイミングを計る目安として基礎体温表があります。
基礎体温を毎日欠かさず記録し、折れ線を作っていくと、しだいに低温層と高温層に分かれていき、排卵している事がわかります。
人によっては、はっきりと2層に分かれなくても排卵をしている場合がありますが、これは高温層を維持するためのホルモンが、充分に出ていないためです。
受精卵が着床するには、高温層をキープしなければなりません。基礎体温表は、排卵日を知るためのひとつの目安です。

 

あと、おりもので排卵のサインをとらえたり、子宮頸管粘液で妊娠しやすい時期(排卵が近づくと、子宮頸管粘液が粘りけを帯びてきます)をとらえたり、市販の排卵検査薬で、妊娠しやすい時期をとらえたりする事もできます。

 

排卵検査薬を利用すれば、排卵日の数日前からわかるので、妊娠計画には便利です。

スポンサーリンク